2009年10月19日

お兄さんなんだけど・・・

10月はオスカルの出産を控えていたため
オスカル中心の日々を過ごしておりました。

そんな中、実はゴエモン10月10日に満1歳を迎えておりましたClap
ゴエモンは食も細く、特にこれと言って好きなものもなく
(ゴエモンの好きなのは、オスカルママ)
オスカルなら、ワンコ用のケーキでも買うorオスカル用の手作りケーキ
を作るなど、食べ物を与えれば喜ぶので祝い甲斐もあるのですが
ふふっ、特別にゴエモンの喜ぶことが解らなかったので
とりあえず、記念写真をとりました。
(2子目は、手抜きされちゃうのかな・・ゴメンねゴエタン)

Dsc03193a.jpg

それも、自宅で、無理やり・・・

Dsc03195a.jpg

一応、ジーパンをはきました。


Dsc03198a.jpg


ゴエモンにとっては、苦痛の一言だったに違いありません顔(イヒヒ)



Dsc03215a.jpg


そんなゴエモンですが、だんだんオスカルのお腹が大きく
膨らんできたので、ちょっと心配そうです。


Dsc03214a.jpg

かあさんを助けてください!!

Dsc03217a.jpg


オスカルの様子がおかしいのは、ゴエモンも気づいているようで
心配そうな表情をしていたり、
気を使って静かにしているようでした。
ただならぬ、気配を感じていたのかもしれません。

オスカルの出産の時は、ゴエモンを別の部屋に隔離しておこう!
きっと邪魔するだろうから・・・と、とうさんと話をしていたのですが、
実際は我々も興奮状態で、ゴエモンを隔離することすら
忘れていたのですが、
ゴエモンは我々の邪魔など一切なく、傍らにピタっと寄り添って
オスカルの出産を一緒にすごしたんですヨ。

確かにかなり、びびってしまったようで
出産後、ゴエモンはオスカルとの距離を測りかねてる感じがあり
そばに行きたいのに、行けない・・・っていう
どうしたらいいんだろう状態でした。

赤ちゃんに対しては、これまた、びっくりで
「なんか、変なものが出てきた」と、赤ちゃんに対しても
びびって未だに近づけません顔(汗)

ただ、大・大・大好きなオスカルが、
赤ちゃん一筋になり、我々も赤ちゃんのお世話にかかるので、
ゴエモンがかなり寂しそうに一人でいます。


その姿が、チョー可愛くて揺れるハート
もわ〜ん(((愛〜ヽ( ̄▽ ̄)/〜愛)))もわ〜ん

そして我々の手が空くと、知らない間にやって来て
体のどこかにくっついています顔(メロメロ)


もう、いじらしくって、いじらしくって
この控えめなゴエモンが可愛くて可愛くて・・・(スミマセン親ばか)


大好きなオスカルが赤ちゃんにつきっきりの間
我々は、ゴエモンをより以上に可愛がっていますヽ(愛´∀`愛)ノ
ゴエモンは赤ちゃんが来て
「自分はどうなるんだろう」と心配しているような気がしてます。


生まれた次の日は、ゴエモンは常にビクビクしていましたが
今日では、授乳室をひょこひょこ覗きに行ったりして
すこしづつ慣れてきているようです顔(笑)


またオスカルも体力と赤ちゃんの様子が落ち着いてくると
授乳室から出てくる頻度も増してきて
ゴエモンとのふれあいの時間も少しですが出来てきました。


ただゴエモンは、どう接してよいかわからず、
オスカルに吠えたり、
廊下を全力疾走したり・・・
かなりハイテンションな行動をしていましたわーい(嬉しい顔)


赤ちゃんとはまだまだです。
でもオスカルは、ゴエモンが授乳室を覗きに行った時
特に怒っていなかったので、
オスカル的にゴエモンは大丈夫なんでしょうね。
(我々には吠えたのに!!)




ゴエモンの性格がよくわかる出来事だったなぁと思っています。

ゴエモンの誕生して1週間こそ、大変な苦労がありました。
本当に死んでしまうかと思いました。

ゴエモンがしぶとく頑張って生きてくれたこと、
それから病気ひとつせずに1歳の誕生日をむかえられた事。

ゴエモン、誕生日おめでとう!
良いお兄さんになってね顔(メロメロ)
ベビーたん達に負けるなよGood
(って負けそうなので、心配なんですけどね・・・顔(汗)



写真がなく、文章ばかりになってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
長い文章最後までお付き合いくださりありがとうございます。


にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ ←ポチッ 犬(足)










ニックネーム スギ at 18:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする