2008年10月18日

着々と・・・

先日の、長い1夜を無事越えてからは、
それをよい教訓に、ちょっと保育の仕方を見直しました。

まずはハウス

とにかく保温を目的として、カドラ−のなかには
レンジで暖めて使用する保温器が入っています。

Dsc01331.jpg

そしてそれは、こたつの下に置き、
コタツの電源を弱にいれます。

Dsc01332.jpg

コタツの足が短いので、厚い本などを重ねて置き、
直接熱風があたらないように調節。

Dsc01342.jpg

こんな感じで、体が外に出ても温かいいい気分(温泉)

人間の赤ちゃんの保育器がそうだな〜と、妙に納得。


そして、お買い物。

Dsc01318.jpg

なんとなく(なんとなくですヨ!)赤ちゃんはヤギのミルクが
合わないかなぁという気がしたので
別の粉ミルクを購入。これは牛のおちちが主成分。
一緒に、哺乳瓶も買ってみました〜

Dsc01319.jpg

なんだか、哺乳瓶を見て、嬉しくなっちゃいました〜顔(メロメロ)
私の赤ちゃんじゃないんですけどね揺れるハート

※でも哺乳瓶はゴエモンがあまり好きでないようなので
 哺乳瓶で飲まないんです顔(泣)

あとは、万が一のためのブドウ糖の粉末。
このたびはお世話になりました・・・

そして、買い物から帰ると、なんと、カドラ−にいたはずの
ゴエモンがいないexclamation×2
まだ、歩けないはずなのに〜
そのときとうさんは夜勤明けでゴエモンの横で寝ていました。

犯人が解りました。
その証拠を捕らえましたカメラ




Dsc01316a.jpg

魚 くわえたどらネコ、おおっかけて〜

Dsc01317a.jpg



きゃーナント オスカルがくわえて持っていってしまうのですがく〜(落胆した顔)

それも、となりで寝ていたとうさんの身体にくっつけるのです!

とうさんに潰されかねません。
幸い、とうさんは寝ている間は「死人」のように
動かない人なのでまだ大丈夫なのですが
私はかなり、ヤバイ爆弾

またまた、新たな難題が起ってしまいました。

コタツの下に置くと、オスカルが必ず咥えて、
自分の好きなところに連れて行こうとするので
見張らなくてはなりませんでした。

Dsc01356.jpg

あまりにうるさいので、隔離されたオスカル

Dsc01361.jpg

出してもらえず、ふてくされ眠るオスカル。


でも、昨日頃にはもう、コタツをつける必要もないくらいに
元気になってきたようで、コタツの下からは出しましたよ。


Dsc01351.jpg

ゴエモンの飲むミルクが飲みたいオスカル

Dsc01393.jpg

ちゃんと下の世話もしますよフン

でもでも、時々知らない間に
オスカルの「いちごハウス」に連れ込みます。

Dsc01401.jpg

にらみますむかっ(怒り)

それでも、なんでも、とりあえずひとまず落ち着いたようですー(長音記号2)

Dsc01386.jpg

そしてそして、本日朝のゴエモンの体重は・・・

170gまで増えました〜

20081018085542a.jpg



にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ ←魚くわえたドラ猫(笑)

ニックネーム スギ at 12:34| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする